習う(読み)ナラウ

デジタル大辞泉「習う」の解説

なら・う〔ならふ〕【習う/慣らう/×馴らう】

[動ワ五(ハ四)]
教わったことを繰り返し練習して身につける。けいこする。「夜ふけに一人でダンスステップを―・う」
知識や技術などの教えを受ける。教わる。学ぶ。「から将棋を―・う」「中学で―・った先生」
経験を積んで、なれる。習慣となる。
「心ざしはいたしけれど、さるいやしきわざも―・はざりければ」〈伊勢・四一〉
慣れ親しむ。
「かく久しく遊び聞こえて―・ひ奉れり」〈竹取
[可能]ならえる
[類語]学ぶ教わる修める修する

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android