コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

習う/慣らう/馴らう ナラウ

2件 の用語解説(習う/慣らう/馴らうの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

なら・う〔ならふ〕【習う/慣らう/×馴らう】

[動ワ五(ハ四)]
教わったことを繰り返し練習して身につける。けいこする。「夜ふけに一人でダンスのステップを―・う」
知識や技術などの教えを受ける。教わる。学ぶ。「父から将棋を―・う」「中学で―・った先生」
経験を積んで、なれる。習慣となる。
「心ざしはいたしけれど、さるいやしきわざも―・はざりければ」〈伊勢・四一〉
慣れ親しむ。
「かく久しく遊び聞こえて―・ひ奉れり」〈竹取
[可能]ならえる

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ならう【習う】

( 動五[四] )
〔「ならう(倣・傚)」と同源〕
知識や技術を他人から教わる。 「ピアノを-・う」 「車の運転を-・う」
繰り返し練習・学習する。 「テープで歌を-・う」 〔「習う」と「教わる」という二つの動詞は教師から積極的にじかに教えられる場合に用いる。これに対して「学ぶ」は人から教えられる場合だけでなく、学ぶ者が書物や人の行動などから間接的に学ぶ場合もある。また、道順など単純なことを教えられるときは「教わる」しか使えない〕
[可能] ならえる
[表記] ならう(習・倣)
「習う」は“人から教わる”の意。「ピアノを習う」「習うより慣れよ」  「倣う」は“手本としてまねる”の意。「傚う」とも書く。「前例に倣う」「顰ひそみに倣う」「右へ倣え」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

習う/慣らう/馴らうの関連キーワード諍う復習う血迷う綯う似通う揉み合う言損なう肯う御復習い攻合う

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone