コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

学ぶ マナブ

4件 の用語解説(学ぶの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

まな・ぶ【学ぶ】

《「まねぶ」と同語源》
[動バ五(四)]
勉強する。学問をする。「大学で心理学を―・ぶ」「同じ学校で―・んだ仲間」
教えを受けたり見習ったりして、知識や技芸を身につける。習得する。「よく―・びよく遊べ」
経験することによって知る。「苦労して人間のすばらしさを―・んだ」
まねをする。
「五月に雨の声を―・ぶらむもあはれなり」〈・四〇〉
[可能]まなべる
[動バ上二]《「まねぶ」が和文体に多いのに対して、漢文訓読体に多く見られる》に同じ。
「僧多かれど、―・ぶる所少し」〈三宝絵・下〉

まね・ぶ【学ぶ】

[動バ四]《「まなぶ」と同語源》
まねをする。まねをしていう。
「鸚鵡、かねて聞きしことある大隊長のこと葉を―・びしなりけり」〈鴎外・文づかひ〉
「みどりごの絶えず―・ぶも」〈かげろふ・上〉
見たこと聞いたことをそのまま人に語る。
「この夢合ふまで、また人に―・ぶな」〈・若紫〉
教えを受けて身につける。習得する。
「琴、はたまして、さらに―・ぶ人なくなりにたりとか」〈・若菜下〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

まなぶ【学ぶ】

( 動五[四] )
〔「まねぶ(学)」と同源〕
教えを受けて知識や技芸を身につける。 「大学で経済学を-・ぶ」 「遠近法を-・ぶ」
勉強する。学問をする。 「よく-・びよく遊べ」
経験を通して知識や知恵を得る。わかる。 「人生の何たるかを-・ぶ」 「この事件から-・んだこと」
まねる。 「一天四海の人皆是を-・ぶ/平家 1」 → 習う(補説欄)
[可能] まなべる
( 動上二 )
に同じ。 「出家して仏道に入りて法を-・びよ/今昔 2

まねぶ【学ぶ】

( 動四 )
〔「まなぶ(学)」と同源〕
まねする。まねて言う。 「人の言ふらむことを-・ぶらむよ/枕草子 41
見聞きしたことをそのまま人に語る。 「さまざま-・び尽くしがたし/増鏡 あすか川
学問・技芸などを習得する。 「文才を-・ぶにも/源氏 乙女

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

学ぶの関連キーワード埋かる熟る臥す梳く発つ詫びる撃つ倣う剪む滅ぶ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

学ぶの関連情報