学ぶ(読み)マナブ

デジタル大辞泉「学ぶ」の解説

まな・ぶ【学ぶ】

《「まねぶ」と同語
[動バ五(四)]
勉強する。学問をする。「大学で心理学を—・ぶ」「同じ学校で—・んだ仲間」
教えを受けたり見習ったりして、知識や技芸を身につける。習得する。「よく—・びよく遊べ」
経験することによって知る。「苦労して人間のすばらしさを—・んだ」
まねをする。
「五月に雨の声を—・ぶらむもあはれなり」〈・四〇〉
[可能]まなべる
[動バ上二]《「まねぶ」が和文体に多いのに対して、漢文訓読体に多く見られる》に同じ。
「僧多かれど、—・ぶる所少し」〈三宝絵・下〉
[類語]1)(2勉強する勉学する学習する学修する専修する修業しゅうぎょう・しゅぎょうする修める習う習得する教わる修する/(3知る理解する体得する会得する習得する覚える身に付ける学習するつかむのみこむマスターする

まね・ぶ【学ぶ】

[動バ四]《「まなぶ」と同語源》
まねをする。まねをしていう。
「鸚鵡、かねて聞きしことある大隊長のこと葉を—・びしなりけり」〈鴎外・文づかひ〉
「みどりごの絶えず—・ぶも」〈かげろふ・上〉
見たこと聞いたことをそのまま人に語る。
「この夢合ふまで、また人に—・ぶな」〈・若紫〉
教えを受けて身につける。習得する。
、はたまして、さらに—・ぶ人なくなりにたりとか」〈・若菜下〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

漁夫の利

《シギとハマグリが争っているのを利用して、漁夫が両方ともつかまえたという「戦国策」燕策の故事から》両者が争っているのにつけ込んで、第三者が利益を横取りすることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android