学ぶ(読み)マナブ

デジタル大辞泉の解説

まな・ぶ【学ぶ】

《「まねぶ」と同語源》
[動バ五(四)]
勉強する。学問をする。「大学で心理学を―・ぶ」「同じ学校で―・んだ仲間」
教えを受けたり見習ったりして、知識や技芸を身につける。習得する。「よく―・びよく遊べ」
経験することによって知る。「苦労して人間のすばらしさを―・んだ」
まねをする。
「五月に雨の声を―・ぶらむもあはれなり」〈・四〇〉
[可能]まなべる
[動バ上二]《「まねぶ」が和文体に多いのに対して、漢文訓読体に多く見られる》に同じ。
「僧多かれど、―・ぶる所少し」〈三宝絵・下〉

まね・ぶ【学ぶ】

[動バ四]《「まなぶ」と同語源》
まねをする。まねをしていう。
「鸚鵡、かねて聞きしことある大隊長のこと葉を―・びしなりけり」〈鴎外・文づかひ〉
「みどりごの絶えず―・ぶも」〈かげろふ・上〉
見たこと聞いたことをそのまま人に語る。
「この夢合ふまで、また人に―・ぶな」〈・若紫〉
教えを受けて身につける。習得する。
「琴、はたまして、さらに―・ぶ人なくなりにたりとか」〈・若菜下〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

まなぶ【学ぶ】

( 動五[四] )
〔「まねぶ(学)」と同源〕
教えを受けて知識や技芸を身につける。 「大学で経済学を-・ぶ」 「遠近法を-・ぶ」
勉強する。学問をする。 「よく-・びよく遊べ」
経験を通して知識や知恵を得る。わかる。 「人生の何たるかを-・ぶ」 「この事件から-・んだこと」
まねる。 「一天四海の人皆是を-・ぶ/平家 1」 → 習う(補説欄)
[可能] まなべる
( 動上二 )
に同じ。 「出家して仏道に入りて法を-・びよ/今昔 2

まねぶ【学ぶ】

( 動四 )
〔「まなぶ(学)」と同源〕
まねする。まねて言う。 「人の言ふらむことを-・ぶらむよ/枕草子 41
見聞きしたことをそのまま人に語る。 「さまざま-・び尽くしがたし/増鏡 あすか川
学問・技芸などを習得する。 「文才を-・ぶにも/源氏 乙女

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

学ぶの関連情報