コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

修羅囃子 シュラバヤシ

大辞林 第三版の解説

しゅらばやし【修羅囃子】

下座音楽の一。屋敷の庭前、試合・道場などの立ち回りに用いる大小鼓の鳴物。奴やつこや女中が庭などに水を打っている場面の開幕に用いるので水打ちともいう。白しら囃子。素しら囃子。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

修羅囃子の関連キーワード白囃子・素囃子白囃子女中鳴物

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android