コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

修覚 しゅかく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

修覚 しゅかく

今昔物語集」にみえる
長門(ながと)(山口県)の人。通称は阿武(あむ)の大夫。富裕な家に生まれ,殺生をかさねる。老いて病にふし,延命をねがい僧をあつめて法華経をよませるが,臨終をむかえる。ひとりの僧が経をよみつづけてくれたため蘇生。改心して出家し,法華経の教えをうけて精進した。死後,兜率天(とそつてん)に生まれたという。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android