コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

修道院解散 しゅうどういんかいさんDissolution of monasteries

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

修道院解散
しゅうどういんかいさん
Dissolution of monasteries

イギリス宗教改革の一環として国王ヘンリー8世が 1536年と 39年に修道院を解散し,その所領を没収した事件。推進者は T.クロムウェル。その直接の目的はむしろ所領没収による王室財政の改善であった。 36年制定の小修道院解散法に基づいて年収 200ポンド以下の小修道院を解散し,39年大修道院解散法により残りの 202の大修道院を解散,所領を国庫に移した。その大部分は売却により土地市場に投入,新興ジェントリーの手に渡り,16世紀の富農経営の発展を促した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の修道院解散の言及

【イギリス】より

…チューダー朝2代目のヘンリー8世は,みずからの離婚問題を契機にしてローマ教会から分離して英国国教会(アングリカン・チャーチ)をつくりその首長となった(1534)が,この宗教改革は議会制定法を通して行われ,肝心の信仰問題よりも,ローマ教会の支配を排除した国民国家の建設という政治的課題が優先したところに特徴がある。同時に行われた修道院解散によって没収されたその土地・財産は,下院議員としてまた地方行政を担当する治安判事として協力を惜しまなかったジェントリー層に分配され,それが彼ら〈ジェントリーの勃興〉を招き,彼らが従来の貴族に代わってこれから後の近代イギリスの主要な担い手となる契機が与えられた。しかしながらこの宗教改革の際に教義上の改革が不徹底であったことが,ヘンリー8世没後に動揺を生み,娘のメアリー1世の治世には一時カトリックに復帰したが,1558年即位した当の離婚問題の申し子たるエリザベス1世は,プロテスタントとカトリックの激突を避ける〈中道〉政策をとって国教会を確立させ,貴族の反乱を鎮圧し,またメアリー・スチュアート処刑の報復に出たスペイン無敵艦隊を撃破(1558)して,国家の独立を守りぬき,国民の敬愛を一身に集めた。…

【救貧法】より

…救貧法はヘンリー8世の1531年法から始まり,1601年法で完成した。ヘンリー8世が1536年に行った修道院解散は,中世的教会の貧民保護を停止させた。さらに,当時のエンクロージャーによる農村人口の減少,産業の発展,貨幣悪鋳などの諸要因とあいまって,貧民が大量に発生し,その対策が必要とされたのである。…

【クロムウェル】より

…クロムウェルは議会法制定に尽力し,なかでも主権国家の宣言を行った〈上訴禁止法〉(1533)が有名である。宮廷役人による行政から国家行政部局による統治へと行政上の改革を行い,国家財政強化のため修道院解散を断行し,ドイツのルター派領邦と結ぶ外交政策を唱道・展開した。他方,ルター主義と人文主義にもとづく宗教改革をクランマー大主教とともに推進し,聖書の英訳・刊行事業を助け,とくに各教会に英訳大聖書の常備を命じた。…

※「修道院解散」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

修道院解散の関連キーワードセント・オーガスティン修道院エクセター(公・侯・伯家)シュルーズベリー修道院ファウンテンズ修道院ウェストミンスターウィットビー修道院イギリス史(年表)ヨーゼフ(2世)スイス史(年表)ヨーゼフ[2世]グロスター大聖堂リーボウ修道院ボルトン修道院ブレコン大聖堂イーブシャムミドルズブラバース修道院テンプルバーコング修道院恩寵の巡礼

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android