コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

俱利伽羅峠の戦 くりからとうげのたたかい

世界大百科事典 第2版の解説

くりからとうげのたたかい【俱利伽羅峠の戦】

〈砺波山(となみやま)の戦〉ともいう。1183年(寿永2)5月,越中・加賀国境の砺波山俱利伽羅峠で,木曾義仲平維盛の軍を破った戦闘。80年(治承4)9月信濃に挙兵した義仲は,信濃,越後を制圧,81年中には越前以東の北陸道の武士を多く指揮下に置いた。82年は全国的に戦局が動かず,京都の平氏,東国の源頼朝,北陸道の義仲と三勢力鼎立の状況を呈したが,明くる年4月,平氏は維盛以下10万の大軍を北陸道に向け,越前,加賀での前哨戦を経て,5月11日俱利伽羅峠で一大決戦のときを迎えた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android