コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

俱利伽羅峠の戦 くりからとうげのたたかい

1件 の用語解説(俱利伽羅峠の戦の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

くりからとうげのたたかい【俱利伽羅峠の戦】

〈砺波山(となみやま)の戦〉ともいう。1183年(寿永2)5月,越中・加賀国境の砺波山俱利伽羅峠で,木曾義仲平維盛の軍を破った戦闘。80年(治承4)9月信濃に挙兵した義仲は,信濃,越後を制圧,81年中には越前以東の北陸道の武士を多く指揮下に置いた。82年は全国的に戦局が動かず,京都の平氏,東国の源頼朝,北陸道の義仲と三勢力鼎立の状況を呈したが,明くる年4月,平氏は維盛以下10万の大軍を北陸道に向け,越前,加賀での前哨戦を経て,5月11日俱利伽羅峠で一大決戦のときを迎えた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

俱利伽羅峠の戦の関連キーワード五箇山砺波市砺波平野砺波山女宮焼き太刀を砺波砺波の関みやまやまなみハイウエー

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone