コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

俱梨迦羅 くりから

1件 の用語解説(俱梨迦羅の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

くりから【俱梨迦羅】

この語の原語は明らかではないが,一般にサンスクリットのkulikaと考えられている。このクリカは古代インド叙事詩《マハーバーラタ》では八大竜王の一で,暗褐色の体をもつとされている。密教の仏典では黒竜の意味に解され,俱梨迦羅竜(王)と呼ばれている。不動明王三摩耶形(さんまやぎよう)(持物(じもつ)などによって示した形)として,直立の剣に黒竜がまつわりついた形がひろく用いられている。俱梨迦羅紋(くりからもん)などと言われている図像は,すべて黒竜の姿をかたどるところからきている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

俱梨迦羅の関連キーワードウロクロムシナゴーグ原語此の間半晶質マセラル優黒岩内成岩モーツァルト:ピアノ協奏曲 第5番 ニ長調/piano and orchestra(concerto)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone