俵 孫一(読み)タワラ マゴイチ

20世紀日本人名事典の解説

俵 孫一
タワラ マゴイチ

大正・昭和期の官僚,政治家 衆院議員;商工相;民政党幹事長・政調会長。



生年
明治2年5月7日(1869年)

没年
昭和19(1944)年6月17日

出身地
島根県浜田市

学歴〔年〕
帝国大学法科大学(現・東大法学部)英法科〔明治28年〕卒

経歴
明治42年朝鮮総督府臨時調査局副総裁、以後、三重・宮城県知事、北海道庁長官を歴任して政界に入る。大正13年憲政会・民政党から衆議院議員に初当選後、通算6回当選。加藤内閣の鉄道・内務各政務次官を経て、昭和4年民政党幹事長となり、浜口内閣に商工相として入閣。辞任後も党総務、政調会長を務め、党長老として戦前の政党政治に力を尽くした。太平洋戦争2年目、17年の翼賛選挙では推薦を受けながらも落選、2年後に死去。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新訂 政治家人名事典 明治~昭和の解説

俵 孫一
タワラ マゴイチ


肩書
衆院議員,商工相,民政党幹事長・政調会長

生年月日
明治2年5月7日

出身地
島根県浜田市

学歴
帝国大学法科大学(現・東大法学部)英法科〔明治28年〕卒

経歴
明治42年朝鮮総督府臨時調査局副総裁、以後、三重・宮城県知事、北海道庁長官を歴任して政界に入る。大正13年憲政会・民政党から衆議院議員に初当選後、通算6回当選。加藤内閣の鉄道・内務各政務次官を経て、昭和4年民政党幹事長となり、浜口内閣に商工相として入閣。辞任後も党総務、政調会長を務め、党長老として戦前の政党政治に力を尽くした。太平洋戦争2年目、17年の翼賛選挙では推薦を受けながらも落選、2年後に死去。

没年月日
昭和19年6月17日

家族
弟=俵 国一(冶金学者) 孫=俵 孝太郎(政治評論家)

出典 日外アソシエーツ「新訂 政治家人名事典 明治~昭和」(2003年刊)新訂 政治家人名事典 明治~昭和について 情報

367日誕生日大事典の解説

俵 孫一 (たわら まごいち)

生年月日:1869年5月7日
大正時代;昭和時代の官僚;政治家。三重・宮城各県知事;衆議院議員
1944年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android