コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

倉庫業法 そうこぎょうほう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

倉庫業法
そうこぎょうほう

昭和 31年法律 121号。倉庫業の適正な運営および倉庫証券の円滑な流通の確保を目的として倉庫業者の行政監督について規制している法律。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の倉庫業法の言及

【倉庫】より

…日本における近代的な倉庫業の起源は,1880年創業の三菱為替店(三菱倉庫の前身)が,同年深川にある真田氏の蔵屋敷をうけついで蔵敷業を開始したことに求めることができる。現代では倉庫業法(後述)に基づく許可制の事業である。倉庫業には普通倉庫業,冷蔵倉庫業,水面木材倉庫業の3種があり,倉庫業法の適用を受ける。…

※「倉庫業法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

倉庫業法の関連キーワード倉荷証券米券制度倉庫特約農業倉庫倉庫営業保管料倉敷料

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android