コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

倉田令二朗 くらた れいじろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

倉田令二朗 くらた-れいじろう

1931-2001 昭和後期-平成時代の数学者。
昭和6年3月25日生まれ。日大助教授となった昭和37年,日大数学科事件で大学をおわれる。39年九大助教授。61年河合文化教育研究所主任研究員。ベ平連反戦運動,大学闘争支援などにかかわった。平成13年8月8日死去。70歳。香川県出身。東大卒。著作に「数学論序説」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

倉田令二朗の関連キーワード清水宏斎藤寅次郎[各個指定]芸能部門五所平之助マキノ雅広ルロイ稲垣浩成瀬巳喜男[各個指定]工芸技術部門アトリエ・ワン

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android