コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

倉田利作 くらた りさく

2件 の用語解説(倉田利作の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

倉田利作 くらた-りさく

?-1873 明治時代の一揆(いっき)指導者。
明治5年税収の増加をはかる新政府が,山梨県下で江戸時代から実施されていた大小切(だいしょうぎり)税法の廃止をうちだした際,廃止に反対する農民一揆(大小切騒動)を指導したひとり。服役中に脱走してつかまり,明治6年8月23日処刑された。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

倉田利作

没年:明治6.8.23(1873)
生年:生年不詳
明治5(1872)年甲斐国特有の納租法である大小切制度の廃止に反対した一揆(大小切騒動)の指導者。小沢留兵衛,島田富十郎の絞首に次いで,準流10年の刑に処されたが,服役中の甲府懲役場の待遇改善を訴えるため脱走し,逮捕,処刑された。

(保坂智)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

倉田利作の関連キーワード天草一揆血税一揆加賀の一向一揆国人一揆飴売清兵衛卯太郎桜井一久半田春平松田一橘柳条亭一居

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone