コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大小切騒動 だいしょうぎりそうどう

2件 の用語解説(大小切騒動の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大小切騒動
だいしょうぎりそうどう

明治初年,地租改正に関連して起った農民一揆。山梨県では,江戸時代以前から天領としての特殊な年貢割付け制度が実施され,貢租のうち小切,すなわち3分の1については米相場の最低の値段で換算された金納,すなわち安石代 (やすこくだい) が適用された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大小切騒動
だいしょうぎりそうどう

1872年(明治5)8月山梨県で起こった大小切租法廃止に反対する一揆(いっき)。大小切とは、山梨・八代(やつしろ)・巨摩(こま)3郡で古くから行われていた租法で、貢租の3分の2(大切)は時価相場、3分の1(小切)は安石代(やすこくだい)(時価相場より安い石代で、ここでは1両につき4石1斗4升替え)による貢租の代金納制をいう。地租改正へ向け租法の統一を意図する政府は、安石代廃止の方針を打ち出し、72年8月8日、山梨県は大小切廃止を告示した。この日以後、各地の農民は撤回を求めて嘆願を繰り返し、ついに23日、山梨・八代2郡の栗原(くりばら)・万力(まんりき)筋97か村の農民約6000人が蜂起(ほうき)し、甲府へ押し寄せた。県は農民の要求を受け入れ譲歩したが、それは策略で、軍隊の出動を要請した県は、やがて静岡・東京鎮台から出動してきた軍隊の力を背景に、9月3日、先の譲歩を破棄し弾圧を開始した。11月10~13日には処刑が行われ、絞罪2人を含めその数は3772人に上った。この騒動は、後の地租改正反対一揆の前段階に位置するものである。[近藤哲生]
『土屋喬雄・小野道雄編『明治初年農民騒擾録』(1953・勁草書房) ▽和崎皓三著『大小切騒動覚書』(明治史料研究連絡会編『地租改正と地方自治制』所収・1956・御茶の水書房) ▽有泉貞夫著『明治政治史の基礎過程』(1980・吉川弘文館)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大小切騒動の関連キーワード地券地租改正世直し一揆地租地租改正反対一揆山本省三緒川[村]地租改正事務局地租改正条例地租改正法

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone