倐忽・倏忽・儵忽(読み)しゅっこつ

精選版 日本国語大辞典「倐忽・倏忽・儵忽」の解説

しゅっ‐こつ シュク‥【倐忽・倏忽・儵忽】

〘形動ナリ・タリ〙 時間の短いさま。すみやか。たちまち。にわか。急。
※本朝文粋(1060頃)一・落葉賦〈紀斉名〉「炎凉倏忽、景物斡流」
即興詩人(1901)〈森鴎外訳〉即興詩の作りぞめ「然はあれどその倐忽(シュクコツ)にして滅するや、彼もの尋ぬべきなし」 〔戦国策‐楚策・頃襄王〕

しゅく‐こつ【倐忽・倏忽・儵忽】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

法人税

法人税法 (昭和 40年法律 34号) に基づき法人の所得などについて課せられる国税。国税中所得税と並び収納額が多い。法人所得税と意味は同じである。納税義務者は,日本国内に本店または主たる事務所をもつ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android