即興詩(読み)ソッキョウシ

大辞林 第三版の解説

そっきょうし【即興詩】

その場で感興のわくままに作る詩歌。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

即興詩
そっきょうし
improvisation

その場の状況、雰囲気などに応じて即興的につくられた詩。即興詩という特別な詩のジャンルがあるわけではないが、詩の重要な要素として発達してきた。その代表的なものは、印刷技術が発明される以前の中世ヨーロッパで活躍したジョングルール(吟遊楽人)であろう。彼らは衆人の前で手品、軽業(かるわざ)を演じた芸人であったが、自作ないしは他人のつくった詩、小咄(こばなし)、物語を宮廷、街頭、宿場などでアド・リブを加えて吟じたり、物語ったりした職業的な語り手でもあった。この遺産は南フランスのトルーバドゥールや北フランスのトルーベール(ともに吟遊詩人)に受け継がれた。
 日本においても即興詩の歴史は古い。平安時代の、2人の即興的な唱和によって成り立つ短連歌、鎌倉時代以後の何人かの連衆が参加する長連歌がある。長連歌は今日、レンガRengaとして世界的に評価されている。また、一昼夜の独吟4000句を収めた『西鶴大矢数(さいかくおおやかず)』も無視しえない。
 追悼歌、祝婚歌、旅中吟、酒中吟、落首など、即興詩は広範囲に活用される。短詩の名手だった堀口大学には、恵贈詩書の礼状として書かれた「『鴉猫』の著者へ」という詩編もある(『秋黄昏(あきこうこん)』所収)。[窪田般彌]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

そっきょう‐し ソクキョウ‥【即興詩】

〘名〙 その時、その場の感興をそのまま直ちにまとめた詩。
※ふらんす物語(1909)〈永井荷風〉雲「俗謡詩人が地口の即興詩(ソクキョウシ)を歌ふ酒場に這入った」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

即興詩の関連情報