コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

即興詩 ソッキョウシ

3件 の用語解説(即興詩の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

そっきょう‐し〔ソクキヨウ‐〕【即興詩】

その時その場の感興を即興的にまとめた詩。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

そっきょうし【即興詩】

その場で感興のわくままに作る詩歌。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

即興詩
そっきょうし
improvisation

その場の状況、雰囲気などに応じて即興的につくられた詩。即興詩という特別な詩のジャンルがあるわけではないが、詩の重要な要素として発達してきた。その代表的なものは、印刷技術が発明される以前の中世ヨーロッパで活躍したジョングルール吟遊楽人)であろう。彼らは衆人の前で手品、軽業(かるわざ)を演じた芸人であったが、自作ないしは他人のつくった詩、小咄(こばなし)、物語を宮廷、街頭、宿場などでアド・リブを加えて吟じたり、物語ったりした職業的な語り手でもあった。この遺産は南フランスのトルーバドゥールや北フランスのトルーベール(ともに吟遊詩人)に受け継がれた。
 日本においても即興詩の歴史は古い。平安時代の、2人の即興的な唱和によって成り立つ短連歌、鎌倉時代以後の何人かの連衆が参加する長連歌がある。長連歌は今日、レンガRengaとして世界的に評価されている。また、一昼夜の独吟4000句を収めた『西鶴大矢数(さいかくおおやかず)』も無視しえない。
 追悼歌、祝婚歌、旅中吟、酒中吟、落首など、即興詩は広範囲に活用される。短詩の名手だった堀口大学には、恵贈詩書の礼状として書かれた「『鴉猫』の著者へ」という詩編もある(『秋黄昏(あきこうこん)』所収)。[窪田般彌]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

即興詩の関連キーワード感興機略時好時務捨て台詞即興的其の場逃れ時世時節臨機俄踊

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

即興詩の関連情報