倦ずる(読み)ウンズル

デジタル大辞泉の解説

うん・ずる【×倦ずる】

[動サ変][文]うん・ず[サ変]《「う(倦)みす」の音変化》
あきる。
「食堂の長椅子に、はたと身を倚(よ)せ掛け、いたく―・じたる体(てい)にて」〈鴎外訳・即興詩人
嫌だと思う。うんざりする。「世の中を―・ずる」
気を落とす。失望する。
「―・じて皆帰りぬ」〈竹取

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android