コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

倭寇図巻 わこうずかん

世界大百科事典 第2版の解説

わこうずかん【倭寇図巻】

16世紀の倭寇の風俗を描写した絵画。東京大学史料編纂所所蔵。絹本着色。縦32cm,全長522cm。原題は《明仇十州台湾奏凱図》とあるが,筆者は仇英(十州)ではなく,画面の舞台も台湾ではない。作風は17世紀中国の呉派文人画のものである。画面は,倭寇船団の出現にはじまり,上陸,形勢観望,略奪,放火,明官兵との接戦,勝報,明官兵の出撃の順序で展開する。人物の描写のほか,鉄砲,船,武器等注目すべき描写が多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android