コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

倭寇図巻 わこうずかん

1件 の用語解説(倭寇図巻の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

わこうずかん【倭寇図巻】

16世紀の倭寇の風俗を描写した絵画。東京大学史料編纂所所蔵。絹本着色。縦32cm,全長522cm。原題は《明仇十州台湾奏凱図》とあるが,筆者は仇英(十州)ではなく,画面の舞台も台湾ではない。作風は17世紀中国の呉派文人画のものである。画面は,倭寇船団の出現にはじまり,上陸,形勢の観望,略奪,放火,明官兵との接戦,勝報,明官兵の出撃の順序で展開する。人物の描写のほか,鉄砲,船,武器等注目すべき描写が多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

倭寇図巻の関連情報