コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

倭寇図巻 わこうずかん

1件 の用語解説(倭寇図巻の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

わこうずかん【倭寇図巻】

16世紀の倭寇の風俗を描写した絵画。東京大学史料編纂所所蔵。絹本着色。縦32cm,全長522cm。原題は《明仇十州台湾奏凱図》とあるが,筆者は仇英(十州)ではなく,画面の舞台も台湾ではない。作風は17世紀中国の呉派文人画のものである。画面は,倭寇船団の出現にはじまり,上陸,形勢の観望,略奪,放火,明官兵との接戦,勝報,明官兵の出撃の順序で展開する。人物の描写のほか,鉄砲,船,武器等注目すべき描写が多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

倭寇図巻の関連キーワード魏志倭人伝源氏絵南蛮屏風風俗画倭寇写し絵描写描写音楽室内画職人尽し絵

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

倭寇図巻の関連情報