接戦(読み)セッセン

デジタル大辞泉の解説

せっ‐せん【接戦】

[名](スル)
力量が同じ程度でなかなか決着のつかない勝負。「接戦が続く」
敵と味方が接近して戦うこと。
戦いを交えること。
「直ちに奸党(かんとう)と―すべし」〈竜渓経国美談

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

せっせん【接戦】

( 名 ) スル
お互いに同じ程度の力をもっているため、勝敗がなかなか定まらない激しい戦い。 「 -の末勝つ」
近づいて戦うこと。接近戦。 「英艦と-せし顚末はじめおわり…を語り/浮城物語 竜渓

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

せっ‐せん【接戦】

〘名〙
① 近寄って戦うこと。敵味方が互いに接近して戦うこと。また、その戦い。接近戦。
※日本外史(1827)三「接戦一昼夜」
※西洋聞見録(1869‐71)〈村田文夫〉後「第五に兵士は銕扇を携へて接戦の用に供ふ」 〔漢書‐匈奴伝〕
② 戦いを交えること。いくさをすること。
※聖徳太子伝暦(917頃か)上「大連部率子弟及奴等、築于稲城而接戦」
※近世紀聞(1875‐81)〈染崎延房〉五「天朝への恐れあれば決して他藩と接戦(セッセン)を致すべしとは存じ申さず」
③ 力が同じ程度で勝敗のなかなかきまらない戦い。せりあった戦い。きわどい勝負。
※学生時代(1918)〈久米正雄〉競漕「今迄に類のない程の接戦であったのが敵味方のいづれにも属してゐない観衆まで熱叫せしめたのである」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

接戦の関連情報