宋書(読み)ソウショ

大辞林 第三版の解説

そうしょ【宋書】

中国二十四史の一。南朝宋の正史。一〇〇巻。南朝梁の沈約しんやくの撰。488年完成。帝紀一〇巻・志三〇巻・列伝六〇巻。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

宋書
そうじょ

中国、南朝宋一代の紀伝体の歴史書。正史の一つ。100巻からなる。著名の文人沈約(しんやく)(441―513)が487年、南斉(せい)武帝の勅命を奉じて編纂(へんさん)、本紀10巻と列伝60巻は先行の稿本を基にわずか1年で完成したが、志30巻の稿了には十数年を費やした。父の沈璞(しんはく)を殺した孝武帝とその功臣に悪口を書き連ねるなど、古来、曲筆が批判されている。しかし、人物、事柄の個別性、ものごとの豊饒(ほうじょう)さを重んじた南朝貴族の精神を反映して叙述は詳細で、詔勅、上奏文、私信、文学作品を数多く採録し、また志は、諸制度の変遷を漢や三国時代にさかのぼって跡づけていて、貴重である。ただ唐以降、簡潔な歴史叙述が尊ばれると、李延寿(りえんじゅ)『南史』、司馬光『資治通鑑(しじつがん)』の出現もあってあまり読まれなくなり、一部が散逸した。夷蛮(いばん)伝の倭国(わこく)の条に倭五王の記事がある。[安田二郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

そうじょ【宋書】

中国の正史。一〇〇巻。南朝梁の沈約(しんやく)ら奉勅撰。二十四史の一つ。永明六年(四八八)完成。何承天・山謙之・蘇宝生・徐爰らが相ついで撰述したものに沈約が若干の改訂を加え、大明末年(四六四)以降、宋滅亡(四七九)まで書き足したもの。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

宋書の関連情報