コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

偏僻 ヘンペキ

デジタル大辞泉の解説

へん‐ぺき【偏×僻】

[名・形動]
かたよること。心がひねくれていること。また、そのさま。「偏僻な人」
「空想に―し写実に拘泥する者は」〈子規俳諧大要
都から離れた片田舎。「偏僻

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

へんぺき【偏僻】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
心がかたよりねじけている・こと(さま)。 「奇矯-なる下宿の主婦あるじ/罪と罰 魯庵
都から遠く離れた土地。かたいなか。 「 -の地」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

偏僻の関連キーワード魯庵

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android