俳諧大要(読み)ハイカイタイヨウ

世界大百科事典 第2版の解説

はいかいたいよう【俳諧大要】

正岡子規俳論書。1899年,ほとゝぎす発行所刊。子規は日清戦争従軍中に発病,一時期,松山に滞在。この間に筆をとり,1895年10月22日から12月31日まで新聞《日本》に連載した。文学論的な解説書ではなく作句指導書で,松山在住の盲俳人服部華山に語りかける体裁で書かれ,新俳句を目指す実作者のために必要な新知識を総合的に述べた。理屈を排した文学としての俳句,美の標準,俳句の種類,俳句季節の解説を説いたあと,実作者としての修行の方法,調子の緊密化,写生(写実)の必要などを懇切に述べた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

はいかいたいよう【俳諧大要】

俳論。正岡子規著。1895年(明治28)「日本」に連載。子規が自らの俳句理論を体系的に論述、写実を主張した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

はいかいたいよう ‥タイエウ【俳諧大要】

俳論。正岡子規著。明治二八年(一八九五)発表。俳句の理論、作法を啓蒙的に述べたもので、空想より写実が重んじられている。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の俳諧大要の言及

【俳句】より

…発句とはもともとは連句における最初の句だが,江戸中期以降,発句のみが単独に作られることが多くなっていた。1895年,子規は,〈俳句は文学の一部なり〉とはじまる《俳諧大要》を発表したが,彼の俳句革新とは,俳句を同時代の文学として把握することであった。従来の俳人たちの句を月並(つきなみ)と称してその文学性の貧しさを批判し,また,歌仙(かせん)などの連句を〈文学に非ず〉(《芭蕉雑談》1893)と否定した。…

※「俳諧大要」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

犯人蔵匿罪

罰金以上の刑にあたる犯罪を犯した犯人または拘禁中に逃走した被拘禁者を蔵匿したり,隠避させる罪 (刑法 103) 。蔵匿とは,隠れる場所を提供することによって,隠避とは,逃走資金や変装用具などを提供する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android