コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

俳諧大要 ハイカイタイヨウ

3件 の用語解説(俳諧大要の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

はいかいたいよう〔ハイカイタイエウ〕【俳諧大要】

俳論。1冊。正岡子規著。明治28年(1895)発表。俳句の学び方と作法を三段階に分けて論じたもの。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

はいかいたいよう【俳諧大要】

正岡子規の俳論書。1899年,ほとゝぎす発行所刊。子規は日清戦争従軍中に発病,一時期,松山に滞在。この間に筆をとり,1895年10月22日から12月31日まで新聞《日本》に連載した。文学論的な解説書ではなく作句指導書で,松山在住の盲俳人服部華山に語りかける体裁で書かれ,新俳句を目指す実作者のために必要な新知識を総合的に述べた。理屈を排した文学としての俳句,美の標準,俳句の種類,俳句季節の解説を説いたあと,実作者としての修行の方法,調子の緊密化,写生(写実)の必要などを懇切に述べた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

はいかいたいよう【俳諧大要】

俳論。正岡子規著。1895年(明治28)「日本」に連載。子規が自らの俳句理論を体系的に論述、写実を主張した。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の俳諧大要の言及

【俳句】より

…発句とはもともとは連句における最初の句だが,江戸中期以降,発句のみが単独に作られることが多くなっていた。1895年,子規は,〈俳句は文学の一部なり〉とはじまる《俳諧大要》を発表したが,彼の俳句革新とは,俳句を同時代の文学として把握することであった。従来の俳人たちの句を月並(つきなみ)と称してその文学性の貧しさを批判し,また,歌仙(かせん)などの連句を〈文学に非ず〉(《芭蕉雑談》1893)と否定した。…

※「俳諧大要」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

俳諧大要の関連キーワード村上霽月小田切獅子垣上鴬池柳原極堂寒山落木子規子規忌新俳句佐々木北涯子規の里

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone