コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

偏奇 ヘンキ

デジタル大辞泉の解説

へん‐き【偏奇】

[名・形動]奇抜で偏りがあること。一風変わっていること。また、そのさま。「偏奇な思想」「偏奇趣味」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

へんき【偏奇】

( 名 ・形動 )
世間一般の常識などに比して、かなり奇抜でかたよりが見られること。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

偏奇の関連キーワード自己組織システムパラフィリア世間子息気質西村京太郎永井 荷風断腸亭日乗永井荷風譚元春林業常識世間

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

偏奇の関連情報