コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

衣手 コロモデ

デジタル大辞泉の解説

ころも‐で【衣手】

[名]《衣服の手の意から》着物の袖。たもと。多く、和歌に用いる。
「妹とありし時はあれども別れては―寒きものにそありける」〈・三五九一〉
[枕]
衣手をひたす意から、「ひたち」にかかる。
「―常陸(ひたち)の国の二並ぶ筑波の山を」〈・一七五三〉
「あしげ」にかかる。
「―葦毛の馬のいなく声」〈・三三二八〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ころもで【衣手】

( 名 )
袖。 「沖辺より寄せ来る波に-濡れぬ/万葉集 3709
( 枕詞 )
袖をひたす(濡れる)意から同音を含む地名「常陸ひたち」にかかる。 「 -常陸の国の二並ぶ筑波の山を/万葉集 1753

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

衣手の関連キーワードおもな枕詞とかかり方小倉百人一首返る・反る冴え冴えてあらなくに朝戸開け抜き乱る光孝天皇天智天皇百人一首松尾大社冴え勝る冴え渡る露分け衣有明山敷妙の万葉集田上杣根摺り引き板

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

衣手の関連情報