手弱女(読み)タオヤメ

デジタル大辞泉の解説

たおや‐め〔たをや‐〕【手弱女】

たおやかな女性。なよなよと優美な性。たわやめ。⇔益荒男(ますらお)

たわや‐め【手弱女】

《「たわや」は「(たわ)」に接尾語「や」の付いたもの。「弱」は当て字》なよなよとした女性。たおやめ。
「―の思ひたわみてたもとほり我(あれ)はそ恋ふる舟梶(ふねかぢ)をなみ」〈・九三五〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

たおや‐め たをや‥【手弱女】

〘名〙
① か弱い女。やさしい女。なよなよと美しい女。たわやめ。
※書紀(720)神代上(兼方本訓)「如何(いかむ)ぞ婦人(タヲヤメ)(〈別訓〉たわやめ、めのこ)にして反りて言(こと)(さいた)つや」
※婦系図(1907)〈泉鏡花〉後「死したる風も颯と涼しく、美女(タヲヤメ)たちの面を払って」
② うかれめ。あそびめ。たわれめ。遊女。
※俳諧・大坂独吟集(1675)下「秋いろこのむ国はういたり たをやめとおどりかたびら恥さらし〈重安〉」

たわや‐め【手弱女】

〘名〙 (「手弱」はあて字。「たわむ(撓)」と同語源か) なよなよとした女。たおやかな女。たおやめ。
※古事記(712)上「我が心清明き故に、我が生める子手弱女(たわやめ)を得つ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報