コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

偕楽 カイラク

デジタル大辞泉の解説

かい‐らく【×偕楽】

《「孟子」梁恵王上から》衆人とともに楽しむこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かいらく【偕楽】

〔「偕」は共にの意〕
多くの人々と共に楽しむこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

偕楽の関連キーワード長崎県平戸市明の川内町桜川(茨城県水戸市)西村善五郎(10代)三名園(日本三名園)茨城県水戸市常磐町三重県津市広明町高橋道八(2代)水戸県立自然公園後楽園(岡山)茨城県立歴史館岡山県岡山市久楽(2代)石川県金沢市回遊式庭園三重県津市ウメ(梅)日本三名園偕楽園焼岡 長平常磐神社

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

偕楽の関連情報