衆人(読み)シュウジン

精選版 日本国語大辞典の解説

しゅう‐じん【衆人】

〘名〙 (古く「じゅうじん」とも)
多くの人。大勢の人。もろ人。諸人
※続日本紀‐天平勝宝九年(757)七月庚戌「登時衆人共云、時既応過、宜湏立拝
※和漢朗詠(1018頃)下「屈原が楚に在りしに似たり 衆人皆酔へり〈皇甫曾〉」 〔詩経‐周頌・臣工〕
② 普通の人。世間一般の人。
※今昔(1120頃か)一九「就中に此の鹿の射る事、衆人に勝れたる」 〔史記‐予譲伝〕

しゅ‐じん【衆人】

〘名〙 =しゅうじん(衆人)〔文明本節用集(室町中)〕
※評判記・色道大鏡(1678)一二「糸竹のしらべに歌舞を尽し、衆人(シュジン)をなぐさめ候はば」

しゅ‐にん【衆人】

※妙一本仮名書き法華経(鎌倉中)三「衆人(シュニン)を将道して、この難をすぎむとす」
風姿花伝(1400‐02頃)七「この風体の品々も、当世のしゅにん、所々にわたりて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

衆人の関連情報