コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

健診システム けんしんシステムautomated multiphasic health testing and services; AMHTS

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

健診システム
けんしんシステム
automated multiphasic health testing and services; AMHTS

病気の早期発見を目的として行われる健康診断に,ME機器やシステム工学的手法を取入れて,それを合理化,能率化し,多数の人に多種目の検査を短時間で正確に施行するためのシステムをいう。このシステムには各種の自動検査機器,コンピュータなどが導入され,健診後の追跡調査,医療データの蓄積,検索,統計処理などを可能にしている。現在普通に行われている検査項目は,問診,身長,体重,血圧,心電図,胸部X線,胃部X線,肺機能,視力,聴力眼圧,眼底写真,血液,尿,糞便などで,所要時間は2~3時間である。アメリカでは 1964年から,日本では 70年から開始され,次第にその施設数は増加している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

健診システムの関連キーワード総合健診センター医用電子機器

健診システムの関連情報