偽筆(読み)ギヒツ

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 ある人の筆跡に似せて書き上げること。他人の筆跡を巧みにまねて書いた文字。また、絵画の場合にもいう。にせひつ。にせがき。にせふで。
※人情本・所縁の藤浪‐初(1821)三回「かねて偽筆(ギヒツ)をもって、金子(きんす)の請取がきこしらへおきしを」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

三密

仏教用語。主として密教でいわれ,身密,口密,意密の総称。仏の身体と言葉と心によって行われる3つの行為は,不思議であることから三密と称される。また衆生の身体と言葉と心によって行われる3つの行為も,その隠...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android