所縁(読み)ショエン

デジタル大辞泉の解説

しょ‐えん【所縁】

仏語。認識の主観である心に、精神作用を起こさせる客観。⇔能縁
ゆかり。知るべ。「両親に所縁の地」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しょえん【所縁】

ゆかり。縁故。関係。 「お力が-の源七が家なり/にごりえ 一葉
〘仏〙 認識作用の対象となるもの。客体。 ⇔ 能縁

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

所縁の関連情報