コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

所縁 ショエン

デジタル大辞泉の解説

しょ‐えん【所縁】

仏語。認識の主観である心に、精神作用を起こさせる客観。⇔能縁
ゆかり。知るべ。「両親に所縁の地」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しょえん【所縁】

ゆかり。縁故。関係。 「お力が-の源七が家なり/にごりえ 一葉
〘仏〙 認識作用の対象となるもの。客体。 ⇔ 能縁

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

所縁の関連キーワード山彦河良(初代)助六由縁江戸桜ディグナーガ花川戸助六にごりえ髭の意休中沢基員河東節増上縁青方氏陳那四縁助六護法

所縁の関連情報