コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

傅恒 ふこうFu heng; Fu-hêng

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

傅恒
ふこう
Fu heng; Fu-hêng

[生]?
[没]乾隆35(1770)
中国,清朝中期の武将。字は春和。諡は文忠。フチヤ (富察) 氏出身の 鑲黄旗満州旗人。乾隆帝の孝賢純皇后の弟。祖父は康煕初期の高名な政治家の米思翰。侍衛,戸部侍郎,軍機処行走を歴任して乾隆 12 (1747) 年に戸部尚書となる。翌年,金川の乱の平定に訥親に代って従事,同 33年には参賛大臣舒赫徳とともにビルマ征討に従事したが,遠征軍の損害も多く,同 34年末には傅恒自身も病気になり北京に召還され,阿桂がそれに代った。傅恒はみずからビルマ征討の失敗の責任を取り罪を請うたが,乾隆帝は罪とせず,そのまま傅恒は病没した。フカンガ (福康安) は彼の子供である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

傅恒の関連キーワードチェルシー磁器ノースクルーゼンシュテルン後桜町天皇平賀源内ドイツ演劇s濠太剌利カニング

今日のキーワード

VR蓮舫

民進党・蓮舫代表による国会審議での追及をVR(仮想現実)空間で体験できるゲーム。専用のゴーグルを装着すると映像が流れ、国会の場に立つ総理大臣として蓮舫代表に追及される疑似体験が楽しめる。体験者は器具で...

続きを読む

コトバンク for iPhone