コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

備中[町] びっちゅう

百科事典マイペディアの解説

備中[町]【びっちゅう】

岡山県西部,川上郡の旧町。高梁(たかはし)川の支流成羽(なりわ)川上流域を占め,谷壁は急峻。集落吉備(きび)高原上のものを野呂方(のろがた),谷底のものを谷方と呼び,耕地は野呂方に多い。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

びっちゅう【備中[町]】

岡山県西部,川上郡の町。人口3330(1995)。吉備高原上にあって,中央部を高梁(たかはし)川の支流成羽(なりわ)川が深い谷を刻んで東流する。古い集落や街道は高原上にあったが,成羽川の舟運が発達した近世以降は谷底に集落が形成された。畑作や畜産を主とした農業が基幹産業で,油野(ゆの)に養豚センター,西山にクリ生産団地があり,ウルシコンニャク,タバコを特産する。成羽川には中国電力新成羽川ダムがあり,堰堤下の河原には高瀬舟開通の由来を記した笠神(りゆうじん)の文字岩(史)がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android