コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

備辺司謄録 びへんしとうろくPibyǒnsa-tungrok

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

備辺司謄録
びへんしとうろく
Pibyǒnsa-tungrok

朝鮮,朝鮮王朝 (李朝) の官庁である備辺司で論議された重要事項を記した記録。備辺司は中宗5 (1510) 年頃設置された。初めは辺境に事変あるごとにその処理にあたる臨時機関であったが,明宗9 (54) 年の乙卯倭変を契機に常設機関となった。壬辰の倭乱以後,軍事行政だけでなく一般行政の全般を掌握する国家の最高機関となった。このため議政府は実質的な機能を喪失し,早くから備辺司廃止論が主張されたが,実行されずに甲午の改革 (1894) のときまで存続した。この備辺司で論議された事項を記録した備辺司謄録は,現在光海君9 (1617) 年から高宗 29 (1892) 年までの 276年間の謄録 273冊が残っている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

備辺司謄録の関連キーワード甲午

今日のキーワード

フィンテック

IT(情報技術)を駆使した金融サービスの創出のこと。「金融(Financial)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語で、2008年のリーマンショック以降発展したとされている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android