コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

備辺司 びへんし

1件 の用語解説(備辺司の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

びへんし【備辺司】

朝鮮,李朝の政策決定機関。議政府議政,六曹判書,両局大将などの高級官僚が合議制で運営した。15世紀に設置された知辺事宰相を前身とし,本来は国境地帯の防備策定機関として1510年の三浦(さんぽ)の乱に際して臨時に設置され,54年に常設化された。豊臣秀吉軍の侵入時(1592‐98)に活躍し,17世紀には議政府の権限を奪って国家の最高政策決定機関となった。大院君時代の1865年,議政府の一機関に格下げされ,92年に廃止された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

備辺司の関連キーワード議政官代議政治下局議政公議政体論金融経済月報日本銀行の金融政策決定会合政策決定の一元化政策調査会(政調)趙秉世

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone