コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

備辺司 びへんし

世界大百科事典 第2版の解説

びへんし【備辺司】

朝鮮,李朝の政策決定機関。議政府議政,六曹判書,両局大将などの高級官僚が合議制で運営した。15世紀に設置された知辺事宰相を前身とし,本来は国境地帯の防備策定機関として1510年の三浦(さんぽ)の乱に際して臨時に設置され,54年に常設化された。豊臣秀吉軍の侵入時(1592‐98)に活躍し,17世紀には議政府の権限を奪って国家の最高政策決定機関となった。大院君時代の1865年,議政府の一機関に格下げされ,92年に廃止された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

備辺司の関連キーワード備辺司謄録李氏朝鮮日省録

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android