コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

催奇性因子 さいきせいいんし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

催奇性因子
さいきせいいんし

妊娠母体に投与すると胎児の発育に影響を及ぼし,その結果,胎児に奇形を生じさせるような因子をいう。薬物のことが多く,サリドマイドによるアザラシ肢症は有名である。細胞障害性因子で,母体から胎児に移行するような物質はすべて,催奇性因子となりうる。因子の臓器親和性と,形成過程にある胎児組織の種類により,奇形の形態は異なる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android