コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

元の木網 もとのもくあみ

大辞林 第三版の解説

もとのもくあみ【元の木網】

1724~1811) 江戸中・後期の狂歌師。本名、大野屋喜三郎。江戸で湯屋を営む。唐衣からごろも橘洲きつしゆうの狂歌会に参加し江戸狂歌勃興期に活躍。「新古今狂歌集」を選集。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

元の木網
もとのもくあみ
(1724―1811)

江戸中期の狂歌作者。本名大野屋喜三郎。狂名木網の前は網破損針金(あみのはそんはりがね)、画名嵩松(すうしょう)。武蔵松山(むさしまつやま)(埼玉県)から江戸に出て湯屋を営むかたわら、和歌和文を妻(狂名知恵内子(ちえのないし))とともに学ぶうち、1770年(明和7)唐衣橘洲(からころもきっしゅう)宅の狂歌合(あわせ)に参加してから狂歌に親しみ、81年(天明1)に隠居剃髪(ていはつ)して芝の土器(かわらけ)町に落栗庵を構えて、夫妻で指導に努めた。天明(てんめい)狂歌勃興(ぼっこう)時に落栗連は四方赤良(よものあから)(蜀山人)の山手(やまのて)連、橘洲の四谷(よつや)連と並ぶ中心であり、いわゆる寛政(かんせい)改革期には、和歌に近い作風が迎えられて、古今にわたる選集『新古今狂歌集』を著している。作風は温雅平凡で特色に欠けるが、そこに特色があるともいえる。
 あせ水をながして習ふ剣術の役にも立たぬ御代(みよ)ぞめでたき (「剣術に寄する祝」)[浜田義一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

元の木網の関連キーワード金子喜三郎狂歌師

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android