コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

元永本古今和歌集 げんえいぼんこきんわかしゅう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

元永本古今和歌集
げんえいぼんこきんわかしゅう

平安古筆の一つ。伝藤原定実筆。国宝。『古今和歌集』が完本で胡蝶装上下2冊に書写され,料紙唐紙で,金銀の切箔,金の野毛をまいた華美なもの。書は構図の変化に富んだ散らし書きで,流麗な筆致のうちにも一種の典雅さがある。奥書に「元永3年7月 24日」とあり,書写の日付の明らかな古筆の珍しい例。東京国立博物館蔵。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android