コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

元海 げんかい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

元海 げんかい

1094-1157 平安時代後期の僧。
嘉保(かほう)元年生まれ。真言宗。醍醐(だいご)寺の定海(じょうかい)に師事し,天承元年灌頂(かんじょう)をうける。醍醐寺座主(ざす),東寺長者などをつとめる。醍醐寺に無量寿院をたてた。松橋大僧都(だいそうず)とよばれ,その法流を松橋流(無量寿院流)という。保元(ほうげん)2年8月18日死去。64歳。俗姓は源(みなもと)。著作に「厚双紙」「玄微鈔」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

元海の関連キーワードダンピア(William Dampier)核持ち込みをめぐる日米間の密約ジョン ウォーナー富士重工業(株)ウォーレン委員会キル・ポイントクリスティーズ栗田工業[株]バルシャーク保科 善四郎ゴンチャロフ滝川 政次郎アンダーパーウォーマシンドイツ祖国党川崎誠一郎P&O汽船大村収容所劉淵・劉渕良海(1)

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

元海の関連情報