元禄袖(読み)げんろくそで

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

元禄袖
げんろくそで

女物、女児用の和服の袖の一種。日露戦争(1904~05)のあと、元禄復興の機運がおこり、元禄時代(1688~1704)の華やかな風俗が日常生活のなかにも取り入れられ、そのころに流行した袖に、この名がつけられた。袖丈は35~45センチメートルと軽快で、たもとの丸みの大きさは老若によって加減するが、8~15センチメートルぐらいにする。近世初期に武家、町人など男女の日常着としての長着に多く使われ、江戸後期まで続いた丸袖のことである。男物では人形(にんぎょう)付きの角袖に小さな丸み、女物では長袖が一般的になってからは、子供用、女物普段着用となっている。

[岡野和子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

元禄袖【げんろくそで】

和服の袖型の一種。袖丈が短く,袖の丸みが大きい。元禄時代の小袖の袖型が始まりなのでこの名がある。袖丈は子ども物は30〜40cm,おとな物は42〜45cm,丸みは8〜15cmぐらい。
→関連項目

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android