元興寺縁起(読み)がんごうじえんぎ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

元興寺縁起
がんごうじえんぎ

『仏本伝来記』ともいう。天安2 (858) 年頃の作。『日本書紀』などによって,仏教の伝来,南都七大寺の一つ,元興寺建立の縁起を記し,あとに藤原豊成署名の天平 18 (746) 年の表白文を載せている。元興寺の創立,沿革については,早くから種々の異説があるが,同寺の寺伝の一つとして貴重なもの。また同寺の縁起を記したものに,同 19年に成立した『元興寺伽藍縁起并流記資財帳』がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

暑さ指数

湿度、気温、日差しの強さの3要素で暑さを表す指標。正式名称は湿球黒球温度(Wet-Bulb Globe Temperature)で、WBGTと略される。熱中症の危険度を判断する目安として国際的に用いら...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android