コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南都七大寺 なんとしちだいじ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

南都七大寺
なんとしちだいじ

奈良を中心とする地域にある7つの大寺院。一般に,東大寺西大寺法隆寺薬師寺大安寺元興寺興福寺をいう。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

南都七大寺【なんとしちだいじ】

奈良(南都)にある七つの大寺。677年に始まる大寺制の一つで,七大寺は756年を初見とする。奈良時代にすでにこの称はあり,東大寺西大寺法隆寺薬師寺大安寺元興寺興福寺の7寺というが,時代により変遷があり,唐招提寺法華寺を加えることもある。
→関連項目寺院建築南都百万塔陀羅尼

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

なんとしちだいじ【南都七大寺】

奈良(南都)にある七つの大寺。677年(天武6)の大官大寺に始まる大寺制は,四大寺,五大寺と発展し,756年(天平勝宝8)5月に七大寺の名が初見する。8世紀後半に西大寺が創建されるに及んで,東大寺,大安寺,興福寺,元興(がんごう)寺,薬師寺,法隆寺,西大寺を七大寺と称するにいたった。大寺の造営にはそれぞれ官営の造寺司を設けてことに当たり,経営維持のため莫大な封戸・荘地が施入され,別当三綱が寺・寺僧の運営指導に当たった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

なんとしちだいじ【南都七大寺】

奈良時代の末頃までにできた寺で、平城京およびその付近の大安寺・薬師寺・元興寺がんごうじ・法隆寺・東大寺・興福寺・西大寺の七寺をいう。南都六宗の中心となった。七大寺。奈良七大寺。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

南都七大寺
なんとしちだいじ

平城京およびその周辺の七つの大寺。東大寺、興福寺、元興(がんごう)寺、大安(だいあん)寺、薬師(やくし)寺、西大(さいだい)寺、法隆寺。法隆寺を除き唐招提(とうしょうだい)寺を入れた例もある。飛鳥(あすか)時代には大安寺、薬師寺、元興寺、弘福(ぐふく)寺を四大寺と称したが、奈良遷都後は大安寺、薬師寺、元興寺、興福寺を四大寺とよび、ほかに五大寺、六大寺の称も行われた。七大寺は、聖武(しょうむ)天皇の崩じた翌々日および初七日すなわち756年(天平勝宝8)5月に七大寺に誦経(ずきょう)せしめた『続日本紀(しょくにほんぎ)』というのが初めての記載で、その後796年(延暦15)11月『日本後紀(にほんこうき)』などにみえる。『続(しょく)日本後紀』『文徳実録(もんとくじつろく)』『三代実録』や『延喜式(えんぎしき)』などにも言及されており、『扶桑略記(ふそうりゃっき)』に七大寺の寺名が記されている。また、『七大寺巡礼私記』『七大寺日記』『七大寺年表』(以上平安末期)、『七大寺巡礼記』(室町時代?)などがある。[田村晃祐]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の南都七大寺の言及

【七大寺巡礼】より

…いわゆる南都七大寺(東大寺,興福寺,元興寺(がんごうじ),西大寺,薬師寺,大安寺,法隆寺)を巡拝すること。879年(元慶3)10月清和上皇の大和国の名山巡礼以降,貴族による南都諸寺への巡拝が盛行した。…

※「南都七大寺」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

南都七大寺の関連キーワード興福寺旧境内奈良七大寺大安[町]奈良の大仏元興寺縁起七大寺巡礼大岡 実南都六宗十五大寺平城京霜月会奈良筆修二会奈良版古瓦

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

南都七大寺の関連情報