元興寺(読み)がんごうじ

精選版 日本国語大辞典 「元興寺」の意味・読み・例文・類語

がんごう‐じ グヮンゴウ‥【元興寺】

[1]
[一] 奈良県明日香村飛鳥にある真言宗豊山派の寺、飛鳥寺の創建当初の寺名。推古天皇四年(五九六)に蘇我馬子が創建。建久七年(一一九六)焼失。鞍作止利(くらつくりのとり)作とされる丈六釈迦像(飛鳥大仏)を残す。本元興寺(ほんがんごうじ)法興寺。安居院。がんごじ。
[二] 奈良市芝新屋町にある華厳宗の寺。(一)の別院として、天平一七年(七四五)に完成。南都七大寺の一つ。現在は仮堂を残す。薬師如来立像は国宝。現在は、旧子院の極楽院(真言律宗)も元興寺を正称とする。新元興寺。
[2] 〘名〙 =がごうじ(元興寺)(二)

がごう‐じ グヮゴウ‥【元興寺】

[1] 「がんごうじ(元興寺)」の変化した語。
[2] (元興寺の鐘楼に鬼がいたという伝説から) 鬼のこと。特に目、口などを指で広げて鬼の顔のまねをしたり、顔を怒らせたりなどして、子供をおどし、なだめすかす時にも言う。がごじ。がごぜ。がごうぜ。げごうじ。がんごうじ。
※虎明本狂言・清水(室町末‐近世初)「七つさがって清水へまいれば、がごうじがいでて、人をくふと申ほどに」

がご‐ぜ グヮゴ‥【元興寺】

〘名〙 (「がんごうじ(元興寺)」の変化した語) =がごうじ(元興寺)(二)
京童跡追(1667)三「おさなきもののうるせき事いふに、すかしかねて、元興寺の鬼にあはせんといふ事を、がごぜにかませんなどおどして、しづめ侍るなり」

がご‐じ グヮゴ‥【元興寺】

〘名〙 (「がんごうじ(元興寺)」の変化した語) =がごうじ(元興寺)(二)
※雑俳・秋の月(1743)「囁て泣くな元興寺が門にゐて」

がんご‐じ グヮンゴ‥【元興寺】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「元興寺」の意味・読み・例文・類語

がんごう‐じ〔グワンゴウ‐〕【元興寺】

奈良市芝新屋町にある華厳けごんの寺。南都七大寺の一。養老2年(718)、法興寺・元興寺とも呼ばれた飛鳥寺あすかでらを奈良の都に移したもので、新元興寺とも称した。がごじ。がごうじ。→飛鳥寺
奈良市中院町にある真言律宗の寺。院号は極楽院。の学僧の住房であった極楽坊が、庶民の信仰を集め発展したもの。14世紀に、真言兼宗。江戸時代は極楽院、のち元興寺極楽坊と称した。本堂・禅室・五重小塔は国宝。平成10年(1998)「古都奈良の文化財」の一つとして世界遺産(文化遺産)に登録された。

がごう‐じ〔グワゴウ‐〕【元興寺】

がんごうじ(元興寺)
《昔、奈良の元興寺がんごうじの鐘楼に鬼が出たという伝説から》鬼。また、鬼のような顔をして子供を脅すときに言う語。がごじ。がごぜ。
「―が出でて、人を食ふと申すほどに」〈虎明狂・清水

がご‐じ〔グワゴ‐〕【元興寺】

がんごうじ(元興寺)
がごうじ(元興寺)」に同じ。

がんご‐じ〔グワンゴ‐〕【元興寺】

がんごうじ(元興寺)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本歴史地名大系 「元興寺」の解説

元興寺
がんごうじ

[現在地名]奈良市新屋町

元興寺極楽坊の南に所在する華厳宗の寺院。本尊弥勒菩薩。南都七大寺および十五大寺(「延喜式」玄蕃寮)に数えられる元興寺は、現奈良県明日香村の飛鳥あすか(別名法興寺・大法興寺・元興寺・本元興寺)が平城遷都に伴って奈良に別院を建立したことに始まり、新元興寺とも称し、興福寺ほく寺というのに対して南寺ともよばれた。

〈大和・紀伊寺院神社大事典〉

〔平城京移転〕

「続日本紀」霊亀二年(七一六)五月一六日条に元興寺を平城京の左京六条四坊に移築した記事がみえるが、位置から考えてこれは現在の大安だいあん(現奈良市)のことである。同書養老二年(七一八)九月二三日条に「遷法興寺於新京」とあるのが当寺の移転を示すもので、興福寺・大安寺より遅れて新京に進出した。なお遣唐僧道照が飛鳥寺南東隅に創建した禅院ぜんいん寺は、和銅四年(七一一)平城京に移っていたが、元慶元年(八七七)一二月一六日に元興寺の別院となった(三代実録)。移転後の元興寺に関しては、「日本霊異記」には天平元年(七二九)二月八日に聖武天皇が「左京の元興寺に大法会を備けて、三宝を供養」したことがみえ、「続日本紀」神護景雲元年(七六七)三月二日条には「幸元興寺、捨綿八千屯、商布一千段」とあり、称徳天皇が訪れている。八世紀には伽藍等も整備され、三論・法相の寺として栄えた。

移転後の寺地は後世の記録であるが、「大乗院寺社雑事記」文明一五年(一四八三)九月一三日条に「当寺ハ南北四町、南大門南方也、北至猿沢池之南、東西二町」とみえ、猿沢さるさわ池の南で興福寺の寺地と接していたものと考えられる。また長元八年(一〇三五)東大寺損色帳(東南院文書)は元興寺のことを記したもので、脇門、東西の幢、金堂・講堂・歩廊・食堂・食殿・鐘堂・西小塔院・東屋・新堂院・東塔院・僧坊・中院・温室院・蔵院・大衆院・修理所・南院・花薗院、四面の大垣、東西南北の大門などの建造物がみえ、その破損状況が知られる。

出典 平凡社「日本歴史地名大系」日本歴史地名大系について 情報

改訂新版 世界大百科事典 「元興寺」の意味・わかりやすい解説

元興寺 (がんごうじ)

奈良市にある寺。南都七大寺の一つ。奈良時代建立の元興寺の旧跡を継ぐ寺院は現在,元興寺(旧称極楽坊,真言律宗),元興寺(東塔院址,華厳宗),小塔院(小塔院址,真言律宗)の3寺院に分かれている。元興寺は飛鳥に創建された法興寺(飛鳥寺)に起源をもつ。平城遷都後の718年(養老2)法興寺を平城京左京四条・五条の七坊の地に移して元興寺と称し,飛鳥の法興寺を本元興寺と称した。奈良時代の元興寺の伽藍配置は,南大門・中門・金堂・講堂が伽藍中軸線上に並び,回廊は金堂を囲んで中門と講堂を結ぶ。西に小塔院,東に五重大塔を仰ぐ東塔院があり,講堂の背後に僧房(大房・小子房)4棟・食堂・食殿などが並ぶ。元興寺の後ろは興福寺南庭に接していたと考えられている。

 元興寺は奈良時代から平安時代の初めにかけて,三論・法相等の教学の一方の中心として,三論では智光,法相では勝虞や護命等の学僧が輩出している。とくに智光は三論教学の伝統にたって浄土教学を研究し著述をあらわしたことから,日本浄土教の祖とされ,元興寺に伝わる浄土変相図は智光の描くところとして智光曼荼羅まんだら)と呼ばれ後世特別の信仰を得るようになる。平安時代も10~11世紀になると元興寺の寺院としての勢力は急速におとろえ,藤原氏の勢力を背後にもつ興福寺の隆盛にともない大和における他の諸大寺と同じく興福寺の勢力下に収められていった。そうした情勢のなかで特別の位置を占めるようになったのが智光曼荼羅で,浄土信仰の隆盛にともないあらたな注目をあびるようになり,11世紀には模本が多く世間に流布していたようである。この智光曼荼羅の原本を安置していた場所はかつて智光が住した僧房(東室南階大房)と伝え,〈極楽房〉と称せられるようになり,奈良における浄土信仰の一つの中心として別所的な存在となり,興福寺出身の僧侶たちが中核となって百日念仏を行い,法華講経や念仏三昧が修せられていた。やがて1244年(寛元2)極楽房はついに僧房から切り離されて極楽堂となりこの一角を極楽坊と呼んで,元興寺の旧境内では独立した地域を形づくっていった。1943年以降この僧房(禅室)と極楽堂の解体修理によって奈良時代僧房の遺構が明らかになるとともに,境内各所や堂内から中世の念仏信仰や追善・作善を物語る多くの信仰資料(庶民信仰資料)が発見された。その内容は杮経(こけらぎよう),印仏摺仏(すりぼとけ),千仏,納骨器,葬祭関係資料などで,現在重要有形民俗文化財に指定されている。

 元興寺は室町時代ごろより奈良町の発展にともなって民家の侵食をうけ,金堂・講堂などの主要伽藍は一揆等の災厄をうけて焼失し,その後再建された堂宇も倒壊し,焼失をまぬがれた東大塔は東大寺末に,小塔院と極楽坊(近世には極楽院)は真言律宗となって現在に至っている。東大塔は1859年(安政6)焼失し塔礎を残す。それぞれの境域は史跡に,元興寺の極楽堂・禅室・五重小塔は国宝に,阿弥陀如来座像・聖徳太子孝養像・弘法大師座像・智光曼荼羅などは重要文化財に,元興寺(華厳宗)の薬師如来立像は国宝に指定されている。元興寺(旧極楽坊)には元興寺文化財研究所(1967設立)があり仏教民俗学や保存科学の研究が行われている。
執筆者:

出典 株式会社平凡社「改訂新版 世界大百科事典」改訂新版 世界大百科事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ) 「元興寺」の意味・わかりやすい解説

元興寺
がんごうじ

奈良市芝新屋(しばのしんや)町にある華厳(けごん)宗の寺。南都七大寺の一つに数えられ、日本最古の寺院の一つ。仏教移入の争いで物部(もののべ)氏を破った蘇我馬子(そがのうまこ)が、596年(推古天皇4)に建立したと伝え、豊浦(とゆら)寺、葛城(かつらぎ)寺、飛鳥寺(あすかでら)、建興寺、法師寺、建通寺ともよばれていた。寺には百済(くだら)僧の道欣(どうきん)が住したのをはじめ、高句麗(こうくり)僧の慧灌(えかん)が入寺して三論を講読して雨を祈り、さらに入唐(にっとう)僧道昭が禅院を東南院に建立して将来した仏舎利および一切経(いっさいきょう)を安置するとともに、法相(ほっそう)教学の学問寺とした。710年(和銅3)の平城遷都に伴い奈良に新寺を建立して新元興寺と称したが、飛鳥の寺は本元興(もとがんごう)寺とよばれ、徐々に荒廃し、現在は安居院(あんごいん)に飛鳥大仏を残すのみとなった。

 新元興寺は東金堂、大金堂などが造営され、745年(天平17)には結構が整った。智光(ちこう)、頼光(らいこう)らの三論教学が盛行し、勝悟(しょうご)、明詮(みょうせん)らの法相義も宣揚されて興福寺と拮抗(きっこう)する勢いを示した。しかし、室町時代に至って多くの堂宇を焼失、1859年(安政6)の火災では観音(かんのん)堂、五重塔を焼失し、それ以降は衰えた。現在は仮堂の本堂と、1927年(昭和2)に発掘調査された塔跡(国史跡)を残すのみである。薬師如来(やくしにょらい)像は国宝、本尊の十一面観音像および出土品が国重要文化財に指定されている。元興寺は1998年(平成10)、世界遺産の文化遺産として登録された(世界文化遺産。奈良の文化財は東大寺など8社寺等が一括登録されている)。

 なお、新元興寺の子院極楽坊(ごくらくぼう)(のちに極楽院)は智光の住した坊で、鎌倉時代に独立した寺院となった。

[里道徳雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア 「元興寺」の意味・わかりやすい解説

元興寺【がんごうじ】

奈良市芝新屋町にある華厳宗の寺。本尊弥勒菩薩。初め蘇我氏によって飛鳥(あすか)の地に建てられ,法号を法興寺,俗に飛鳥寺ともいった。平城遷都以後平城京内に移され,南都七大寺の一つとして栄え,三論・法相(ほっそう)などの教学の中心の一つであったが,その後寺運衰え,現在かつての塔跡と仮堂の本堂,鎌倉時代建立の僧坊の一部極楽坊が残っている。なお飛鳥寺の旧地には主要堂塔が残され,これを本元興寺といった。1998年,古都奈良の文化財として世界遺産(文化遺産)に登録。
→関連項目愛智荘縁起物倶舎宗外京古都奈良の文化財資財帳寺社縁起摺仏

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

山川 日本史小辞典 改訂新版 「元興寺」の解説

元興寺
がんごうじ

現在,奈良市芝新屋町(観音堂の系譜を引く。華厳宗)と,中院町(極楽坊(ごくらくぼう)の系譜を引く。真言律宗)に同名の寺がある。蘇我馬子(うまこ)のたてた飛鳥(あすか)寺(法興(ほうこう)寺)を平城遷都にともない京内に移したもので,旧地の飛鳥寺を本元興寺,当寺を新元興寺とも称した。718年(養老2)に建立が始まり,天平年間には諸堂が整い,多数の水田・寺封や奴婢を保有する大勢力の寺院となった。南都四大寺・七大寺の一つに数えられる。三論・法相の両宗が栄え,当寺三論宗の系統を元興寺流,法相宗の系統を興福寺の北寺伝に対して南寺伝と称した。1451年(宝徳3)の土一揆で金堂などを焼失。1859年(安政6)の火災では五重塔・観音堂を失うなど,たびたび被害にあった。極楽坊本堂・禅室・五重小塔は国宝。塔跡・極楽坊境内・小塔院跡は国史跡。

出典 山川出版社「山川 日本史小辞典 改訂新版」山川 日本史小辞典 改訂新版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「元興寺」の意味・わかりやすい解説

元興寺
がんごうじ

奈良市芝新屋町所在の寺。日本最古の寺飛鳥寺を養老2 (718) 年,平城京に移転したもの。南都七大寺の一つであったが中世に衰えた。平安時代初期の『薬師如来立像』 (国宝) を安置する。なお当初の僧房を鎌倉時代に改造して本堂,禅室 (ともに国宝建造物) とした極楽坊は,現在,元興寺から独立した寺として同市中院町にある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉プラス 「元興寺」の解説

元興寺〔奈良県:真言律宗〕

奈良県奈良市中院町にある真言律宗の寺院。院号は極楽院。本尊は智光曼荼羅、阿弥陀如来。もとは僧坊。旧境内は国指定史跡。国宝の極楽坊本堂など多くの文化財を保有し、「古都奈良の文化財」の一部としてユネスコの世界文化遺産に登録されている。

元興寺〔奈良県:華厳宗〕

奈良県奈良市芝新屋町にある華厳宗の寺院。飛鳥寺(法興寺、元興寺とも)を平城遷都に伴い新築移転したもので、新元興寺とも呼ばれた。南都七大寺のひとつ。国宝・薬師如来像を所有(奈良国立博物館に寄託)。塔跡は国の史跡に指定。

元興寺(がごぜ)

日本の妖怪。奈良県奈良市の元興寺(がんごうじ)の鐘楼に現れたとされる妖怪。「元興寺の鬼」とも。「日本霊異記」などに記述がある。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

旺文社日本史事典 三訂版 「元興寺」の解説

元興寺
がんごうじ

奈良市芝新屋町にある華厳宗の寺。南都七大寺の一つ
飛鳥寺を718年平城京内に移したもの。新元興寺とも呼ぶ。極楽坊は,坊の一つが独立した真言律宗の寺で,本堂と禅室が鎌倉時代の遺構として現存する。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

事典・日本の観光資源 「元興寺」の解説

元興寺

(奈良県奈良市)
南都七大寺」指定の観光名所。

出典 日外アソシエーツ「事典・日本の観光資源」事典・日本の観光資源について 情報

世界大百科事典(旧版)内の元興寺の言及

【奈良時代美術】より

…興福寺は藤原氏の私寺であったが,天皇との姻族のため皇室発願による堂宇も多く,川原寺に代わって官大寺同然に扱われた。平城京東端の台地上で元興寺北隣に寺地をとり,中金堂院,東西金堂院に三面僧房をもつ完備したものになった。元興寺は東に大塔院を独立させ,金堂は組物など他と異なる点があったと伝えられ,細部に飛鳥古様を模したかともみられる。…

【南都七大寺】より

…677年(天武6)の大官大寺に始まる大寺制は,四大寺,五大寺と発展し,756年(天平勝宝8)5月に七大寺の名が初見する。8世紀後半に西大寺が創建されるに及んで,東大寺,大安寺,興福寺,元興(がんごう)寺,薬師寺,法隆寺,西大寺を七大寺と称するにいたった。大寺の造営にはそれぞれ官営の造寺司を設けてことに当たり,経営維持のため莫大な封戸・荘地が施入され,別当や三綱が寺・寺僧の運営指導に当たった。…

【納骨】より

…これに対して個人的な小さな壺や竹筒の蔵骨器も出土するから,1人1人の遺骨を携えて納骨するものもあったわけで,現在もこの形式の納骨は盛んにおこなわれている。中世では奈良元興(がんごう)寺極楽坊のように,長押に木製納骨五輪塔を釘で打ち付ける納骨法もある。この寺は市中の寺院ではあるが,智光曼荼羅のために霊場化し,盛んに納骨がおこなわれて,竹筒型蔵骨器や羽釜型蔵骨器,柄杓型蔵骨器などが出ている。…

※「元興寺」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社「世界大百科事典(旧版)」

今日のキーワード

脂質異常症治療薬

血液中の脂質(トリグリセリド、コレステロールなど)濃度が基準値の範囲内にない状態(脂質異常症)に対し用いられる薬剤。スタチン(HMG-CoA還元酵素阻害薬)、PCSK9阻害薬、MTP阻害薬、レジン(陰...

脂質異常症治療薬の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android