先の世(読み)サキノヨ

デジタル大辞泉の解説

さき‐の‐よ【先の世】

前世(ぜんせ)。
「あてもなく憧れて―の魂を追い」〈杢太郎・緑金暮春調〉
死後の世。後世(ごせ)。
「―にもあれの魂に仕合せがありますように」〈中勘助・菩提樹の蔭〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さきのよ【先の世】

〘仏〙
この世に生まれる前の世。前世ぜんせ
死んでからの世。後生ごしよう。あの世。 「これも-にこの国にあとをたるべき宿世すくせこそありけめ/更級」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

先の世の関連情報