先の世(読み)サキノヨ

デジタル大辞泉の解説

さき‐の‐よ【先の世】

前世(ぜんせ)。
「あてもなく憧れて―の魂を追い」〈杢太郎・緑金暮春調〉
死後の世。後世(ごせ)。
「―にもあれの魂に仕合せがありますように」〈中勘助菩提樹の蔭〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

さき【先】 の 世(よ)

① この世に生まれる前に生きていた世。前世(ぜんせ)。先の生(しょう)
※宇津保(970‐999頃)俊蔭「さきのよの罪おもひやられ侍れば、天地のゆるされなき身に侍るめり」
② 死んで行く世。あの世。後世(ごせ)。後生(ごしょう)
※新葉(1381)恋三・八〇一「さきの世はしられぬ物と知りながら命の後や猶や契らむ〈津守国夏〉」
③ 前の時代。以前。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報