コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

先天性後鼻孔閉鎖 せんてんせいこうびこうへいさ Congenital Choanal Atresia Nose

1件 の用語解説(先天性後鼻孔閉鎖の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

せんてんせいこうびこうへいさ【先天性後鼻孔閉鎖 Congenital Choanal Atresia Nose】

[どんな病気か]
 左右の鼻の孔(あな)(鼻腔(びくう))は奥で1つになり、のどへとつながっています。ここを後鼻孔といいます。
 ここの片側または両側が、生まれつきふさがっているのが先天性後鼻孔閉鎖です。
 鼻がつまっているため、呼吸が苦しく、ミルクがうまく飲めなかったりします。
[検査と診断]
 鼻の中に細いゴム管を入れて、それがのどまで通過するかどうかを調べたり、ファイバースコープを入れて、直接見て確認します。
 造影剤を入れて、X線撮影することもあります。
[治療]
 呼吸やミルクの飲みを助けるために、口からチューブを入れます。
 全身状態や成長をみながら、根本的治療として手術を行ない、ふさがっている部分を開けるようにします。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

先天性後鼻孔閉鎖の関連キーワード牛の鼻木衛府督衛府佐兄弟は左右の手なり四衛何心地二本棒鼻柱不死身横鼻緒

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone