先天性心臓病(読み)せんてんせいしんぞうびょう

百科事典マイペディア「先天性心臓病」の解説

先天性心臓病【せんてんせいしんぞうびょう】

生まれつき心臓に異常のあるもの。肺動脈弁狭窄(きょうさく)症,動脈管開存症,心房中隔欠損症心室中隔欠損症ファロー四徴症などがある。チアノーゼのあるものは予後不良。過激な運動をさけて,感染症に注意する。外科的手術により治療できるものもある。
→関連項目シャント術心臓カテーテル心臓病心内膜炎風疹

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

ケッペンの気候区分

ケッペンが1918年に考案した世界の気候区分法。植物分布に注目し、熱帯気候(符合A)・乾燥気候(B)・温帯気候(C)・冷帯気候(D)・寒帯気候(E)に区分した。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android