コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

動脈管開存症 どうみゃくかんかいそんしょうpatent ductus arteriosus; PDA

3件 の用語解説(動脈管開存症の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

動脈管開存症
どうみゃくかんかいそんしょう
patent ductus arteriosus; PDA

ボタロ管開存症ともいう。大動脈と肺動脈を直結する動脈管が生後,生理的に閉鎖せず,遺残した状態をいう。先天性心疾患の 10~15%を占める。他の異常を合併することが少くない。残った動脈管が太い場合は,乳幼児期からうっ血性心不全肺高血圧を呈し,予後はよくない。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

どうみゃくかんかいぞん‐しょう〔ドウミヤククワンカイゾンシヤウ〕【動脈管開存症】

胎児期に特有の血管である動脈管が、出生後も開いたまま残ってしまう状態。動脈管は胎児の肺動脈大動脈をつなぐ血管で、胎盤を通して母体から酸素や栄養を受け取る胎児期の血液循環に重要な役割を果たすが、出生後、肺呼吸の開始とともに自然に閉鎖して結合組織性の索となる。この動脈管が出生後も開存し続けると、通常なら左心室から大動脈を経て全身に送り出される血液が、肺静脈に流れ込み、肺の血流量が増加し、肺や心臓に大きな負担がかかる。さらに、肺の血管抵抗が上昇し、肺高血圧症を起こすと、肺動脈を流れる静脈血が大動脈に流入し、低酸素血症を生じる。乳幼児期に発症すると鬱血性心不全・発育不全、成人では感染性心内膜炎を起こしやすい。ボタロー管開存症

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

動脈管開存症
どうみゃくかんかいそんしょう
patent ductus arteriosus

胎生期に肺動脈分岐部と左鎖骨下動脈分岐部よりやや末梢(まっしょう)の大動脈とを連絡する動脈管(ボタロー管)が、生後1~2年を経ても閉鎖されないで開存している先天性心疾患の一種。ボタロー管開存症ともいう。胎生期には、右心室から肺動脈に拍出された血液の大部分は肺に向かわないで、この動脈管を通って直接大動脈に入る。しかし、生後に肺呼吸が開始されるとともに血液は肺に向かうようになり、この時期以後には動脈管は不要となるため、生後まもなく閉鎖し索状物(動脈管索)として残存するのが普通である。ところが、この動脈管の閉鎖機転がなんらかの原因で妨げられて開存したままでいると、圧の高い大動脈から動脈管を通って圧の低い肺動脈へ多量の血液が流れ込み(短絡)、肺血流量が増加する。このため肺血管抵抗の増大とともに肺高血圧症をおこし、放置すれば心不全、細菌感染、動脈瘤(りゅう)様変化などをおこして長生きできなくなる。
 発生は先天性心疾患の約15%を占め、頻度が高い疾患である。聴診によって左第二肋間(ろっかん)、胸骨左縁に最強点をもつ連続性機械様雑音の聴かれることが特徴的で、聴診だけで診断がつけやすい。発見しだい手術するのが原則であり、肺高血圧症が進行して逆短絡すると手遅れである。手術方法は動脈管を結紮(けっさつ)するか、切断・縫合する。
 なお、ボタローLeonardo Botallo(1530―?)は、イタリア生まれでフランスのパリに住み、シャルル9世とアンリ3世の侍医を務めた医学者で、動脈管や卵円孔を記載したことで知られる。しかし、これらを最初に記載したのはベサリウスの弟子であるイタリアの解剖学者アランチウスJulius Caesar Arantius(1530―89)といわれ、こちらはアランチウス静脈管に名を残している。[竹内慶治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

動脈管開存症の関連情報