コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

先天性腸閉塞症(読み)せんてんせいちょうへいそくしょう(英語表記)congenital atresia of the intestine

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

先天性腸閉塞症
せんてんせいちょうへいそくしょう
congenital atresia of the intestine

先天的に十二指腸から直腸の間で起る腸閉塞症症状としては,多くの場合に胎便の排出がみられず,腹部膨満とともに生後 24時間以内に頑固な嘔吐が起り,吐物は胆汁性である。腹部X線検査で診断が確かめられる。救急手術によってのみ救命を期待できるが,成人の腸閉塞に比して死亡率が高い。先天性腸閉塞症の症状は多くの場合,出生直後から顕著になるが,腸狭窄が原因の場合には,出生後ある時間を経て発症することもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android