コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

光てこ ひかりてこ optical lever

2件 の用語解説(光てこの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

光てこ
ひかりてこ
optical lever

鏡とランプスケールとを使って,長さや角度の微少変化を測定する方法。鏡の支持台の1つの脚の下に被測定物体を置き,その厚さや長さの微少変化が鏡面の回転として伝達されるようにしておき,それにランプスケールの光を当て,鏡面からの反射光がスケールの上に戻るようにして,その反射光のふれの量から被測定物体の長さの微少変化を読取る。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

光てこ
ひかりてこ

小さな鏡の反射を利用して、ごくわずかな角度の変化を測定できるようにした装置で、光学てこともいう。この装置を利用して、顕微鏡で使うカバーグラスのような薄い板の厚さや、微小物体の変形などを精確に測定することができる。鏡は小さな三脚台に取り付けられており、回転軸の周りを自由に回転できるようになっている。鏡からの反射像は読み取り望遠鏡によって観測される。光てこと読み取り望遠鏡をのように配置し、読み取り望遠鏡付属のスケールSの一つの目盛りxが望遠鏡の十字線にあうように調節する。次に光てこの三脚台のねじAの下に測定する試料を入れると、鏡はθだけ傾くので、十字線にあわせた目盛りがx´に移動する。望遠鏡でxx´を精確に測定すると、xx´の長さと、鏡MからスケールSまでの距離lおよび光てこのねじの間隔mから試料の厚さdが求められる。[石川光男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

光てこの関連キーワードグレースケールトランプ類税パンプススラップスケートアップスケールクラップスケートEFスケールボイラースケールスケーターズ・ワルツTRANSWORLD SKATEboarding JAPAN

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

光てこの関連情報