コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

光世 ミツヨ

4件 の用語解説(光世の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

みつよ【光世】

平安末期、筑後の刀工。典太(てんだ)と称す。法名は元真。三池に住んだので、その一派を三池派という。作風は豪壮で、室町将軍家以来の重宝である「大典太」などの作がある。生没年未詳。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

光世 みつよ

?-? 平安時代後期の刀工。
筑後(ちくご)(福岡県)三池の人で,三池典太と称される。現存する確実作は名物大典太(おおでんた)(国宝,前田育徳会蔵)。足利将軍家の重宝とされ,天下五剣のひとつにかぞえられた。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

光世

生年:生没年不詳
平安後期の筑後(福岡県)の刀工。薩摩(鹿児島県)の波平一派とならんで,九州で最も古い刀工。三池郡に住したところから三池典太と称された。最古の刀剣書『観智院本銘尽』には元久(1204~06)ごろの豊後行平の師としている。現存する在銘作品は,室町将軍家代々の重宝で,その後前田家に伝来した名物「大転多」(国宝)がただ1点あるに過ぎない。その作風はこの時代のものとしては身幅が広く,大板目肌の流れた鍛えに,細直刃がほつれた刃文を焼き,九州物共通の特色を示している。また,無銘であるが久能山東照宮蔵の徳川家康の遺品も光世の作と伝える。

(原田一敏)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

みつよ【光世】

平安末期、筑後の刀工。典太てんだ・伝太と称する。法名、元真。三池一派の祖。身幅広く豪壮な太刀姿で、当時としては異風。室町将軍以来の重宝として名高い大典太の作者。生没年未詳。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

光世の関連キーワード備中物筑後有綱雄安清修惟宗定秀重勝正恒(1)正恒(2)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

光世の関連情報