コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

光済 こうさい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

光済 こうさい

1326-1379 南北朝時代の僧。
嘉暦(かりゃく)元年生まれ。柳原資明(すけあき)の子。真言宗。叔父の京都醍醐寺(だいごじ)座主(ざす)賢俊の弟子となり,同寺三宝院門跡(もんぜき)をつぐ。のち同寺座主,東寺長者をかねる。応安7=文中3年(1374)奈良興福寺衆徒の強訴をうけた朝廷によって播磨(はりま)(兵庫県)に流されるが,すぐに復帰し,翌年大僧正となった。康暦(こうりゃく)元=天授5年閏(うるう)4月22日死去。54歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

光済の関連キーワードノーマン マクラレンアニメーション映画南北朝時代マクラレン映画カメラ上部茁斎引伸し嘉暦現像満済定着

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android