光線過敏性皮膚炎(読み)こうせんかびんせいひふえん(英語表記)photosensitive dermatitis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「光線過敏性皮膚炎」の解説

光線過敏性皮膚炎
こうせんかびんせいひふえん
photosensitive dermatitis

大量に日光を浴びたときに起る日光皮膚炎 (日焼け) と異なり,生理的範囲の日光の作用で発症する炎症性の皮膚病変をいう。外因性と内因性に大別され,前者はさらに光毒性と光アレルギー性に分けられる。光毒性は同一条件下では大多数の人に同一の症状が生じるものをいい,光アレルギー性は光感作物質をもつ特定個人だけに現れる反応をいう。この光感作物質は,食物内服薬のように体内に摂取されて皮膚に到達するものと,化粧品や外用薬のように直接皮膚に接触するものとに分けられる。一方,内因性の光線過敏性皮膚炎としては日光湿疹,夏季痒疹,日光じんま疹,ポルフィリン症,種痘後水疱症,色素乾皮症などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

プラスチックワード

意味のあいまいなままに、いかにも新しい内容を伝えているかのように思わせる言葉。プラスチックのように自由に組み合わせ、さまざまな分野で手軽に使える語をさす。ドイツの言語学者ベルクゼンが提唱。「国際化」「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android