コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

免疫応答遺伝子 めんえきおうとういでんし

大辞林 第三版の解説

めんえきおうとういでんし【免疫応答遺伝子】

特定の抗原に対する抗体の生産を支配する遺伝子。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

めんえきおうとういでんし【免疫応答遺伝子 immune response gene】

特定の抗原に対して免疫応答を示すことを単純優生形質として支配する遺伝子。Ir遺伝子と略称。マウスなどの実験動物のみならずヒトにもその存在が証明されている。免疫応答遺伝子は主要組織適合抗原系と連鎖したものが最も詳しく研究されており,その遺伝子産物は主要組織適合抗原のクラスII抗原である。免疫応答の個体差は,クラスII抗原の個体差にもとづき,これに結合してT細胞(Tリンパ球)に提示可能な抗原断片(ペプチド)の種類に差が生じることによってもたらされる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

免疫応答遺伝子の関連キーワードB. ベナセラフアレルギー抗体特定生産